注文住宅を手離す事になりました

house27五年前に建てた家です。安月給ですが何とか頑張って夫と力を合わせて建てた家なのです。このあたりでは珍しい注文住宅なのです。
友人も同僚もみんなは、建売住宅を購入しています。でも夫はこだわりのある人なので、どうしても自分で決めた家に住みたいと言っていました。だからいろいろと考えて、この家を建てる事にしたのです。
土地の広さに費用の面など、いろいろと突き当たる壁はありました。でも後から妥協だけはしたくなかったので、私達は二年間かけて間取りを考えたのです。そしてこの家を建てる事ができました。

広い玄関に吹き抜けにベランダはどうしてもはずせませんでした。リビングは狭くなってもいいので、玄関は広くしたかったのです。そして二階にはどの部屋にも行けるような、大きなベランダです。細かい事はいっぱいありますが、一つずつ考えてこの家ができたのです。
両親にも言われました。「注文住宅は贅沢だ」と言われたのです。「建売住宅でもいいじゃないか」と言われました。でも妥協はしたくなかったのです。収納がない、部屋が狭いという事は一生後悔する事になると思ったのです。だから妥協しないためにも建てたこの注文住宅だったのに、手離す事になったのです。悲しいですがもう住む事ができなくなったのです。