プロテクションフィルムによる、クルマのフルラッピング。

protection_film27何年か前からよく耳にするプロテクションフィルムというものですが、

私の中での認識はごく部分的に施工するもの、というものでした。

飛び石などによる傷がつきやすい車体前部のバンパーやボンネット、

荷物の出し入れによるダメージが大きいハッチバックやトランク周辺を

保護するためのフィルムだと思っていたのです。

ところが最近、インターネットの自動車関連の交流サイトで、

「クルマ全部をプロテクションフィルムによってラッピングしてもらった」という

書き込みを読み驚きました。

登場からそれほど時間が経っていないにも関わらず、かなり技術的にも素材的にも進歩したようで、

とても無理だと思っていたクルマの全面をフィルムで覆って保護することが可能になっていたのです。

これにはかなり心をひかれました。

走っている以上どうしても避けられない飛び石による傷や、

駐車中につけられてしまうようなひっかき傷や、

洗車による磨き傷なども全てフィルムで保護できると言うことです。

早速いろいろ調べてみましたが、さぞかし効果なのではと思っていました。

しかし実際対費用効果としては十分に納得できるような価格設定でした。

自分で乗っている間はともかく、売却時の査定にも響いてくるようなので、

むしろ安いと言えるかもしれません。

近日中に私もボディ全体にプロテクションフィルムを施工してもらうつもりで居ます。